フコイダンとアポトーシスとがん治療

2007年5月23日 5:32 PM | 30がんの効果 | コメント(0)

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえばいろいろありますが、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が特に代替医療として注目されています。
他の正常な細胞に影響なく、異常細胞であるがん細胞だけを自滅させる働きをアポトーシスといいますが、フコイダンには、じつはアポトーシスとしての作用があります。フコイダンの研究は、日本のみならず、全世界でも論文が数多く発表されています。フコイダンはがん治療の代替医療として、今一番の注目株です
抗がん剤治療は、がん細胞と一緒に正常な細胞も壊してしまいますが、フコイダンはがん細胞だけを自滅させてしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシスとがん治療 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシスとがん治療 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

▲ ページトップへ

初心者向け出会い系