フコイダンとアポトーシス誘導作用

2007年5月24日 5:33 PM | 30がんの効果 | コメント(0)

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、新しい細胞と入れ替わっていきます。古い細胞と新しい細胞の生まれ変わりの新陳代謝のことをアポトーシスといいます。がん細胞は異常な細胞ですので、本来ならば消えていく細胞なのですが、自滅せずにどんどん増殖して、身体のあちらこちらを蝕んでいきます。要するに、がん細胞はアポトーシスを起こしません。どんどん繁殖していきます。ひどいときには自分で血管を作って転移していきます。フコイダンの効果で、がん細胞がアポトーシス作用を起こすのでしたら、がん細胞が自滅するのですから、次は正常細胞に生まれ変わっていきます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス誘導作用 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス誘導作用 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

▲ ページトップへ

初心者向け出会い系