フコイダンと直接接触

2007年5月25日 5:34 PM | 30がんの効果 | コメント(0)

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです。
しかし直接にフコイダンが、接触できない部位には、フコイダンが触れることはありません。研究段階ですが、フコイダンの分子を小さくして、超低分子化すれば吸収率が高まり、直接、フコイダンが患部を接触することも可能になります。フコイダンの分子が小さくなることによって、体内に浸透し血管を通り、患部にたどりつくことができます。
ある方の体験談によります、フコイダンの飲用により、病変部分が熱くなって、体温もあがってくることをいわれていました。このことは、フコイダンが、患部にも腫瘍にも到達しているということをものがたっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと直接接触 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと直接接触 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系