フコイダンと吸収率

2007年5月28日 5:39 PM | 40科学的効果 | コメント(0)

体内の吸収率が悪ければ、たとえ良質のフコイダンを飲用したとしても、患部や腫瘍にフコイダンが届くことができないわけですから、飲用している意味がありません。患者さんのほとんどが、病気と戦うことで、体力は消耗しています。ですから、病院に入院されている方や、とりわけ胃腸の弱い方、高齢者の方には、吸収力の高まるようなフコイダンを飲用しないといけませんし、そういう飲み方をする必要があります。そのためには、フコイダンそのものを低分子化して、吸収力をいっそう高めることが重要だと考えるわけです。
フコイダンの分子量が大きいため、わずかな成分しか吸収されないのであれば、たとえフコイダンをたくさん飲用したとしても、吸収されただけの効果しかないわけです。また、効果を期待されない場合もたくさんあると思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと吸収率 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと吸収率 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系