フコイダンと糖鎖

2007年5月29日 5:40 PM | 40科学的効果 | コメント(0)

人間の機能の働きが弱くなると、ガンになりやすくなってきます。フコイダンの糖成分であるフコースは、糖鎖の大切な材料となります。がん患者さんがフコイダンを摂取することで、自然治癒力を高めていのは、糖鎖の本来の力を取り戻したことも原因のひとつになっています。
糖鎖というのは、体内に存在するすべての細胞の膜の表面についている産毛のようなものです。体内の8種類の糖分子が鎖のようにつながってできています。成分は、グルコース・ガラクトース・マンノース・フコース・アセチルグルコサミンなどがあげられます。いわゆる60兆もの細胞同士の情報交換機能というわけです。
糖鎖は、体内に侵入したがん細胞はもちろんですが、ウイルスや異物の進入をマクロファージなどの免疫細胞に知らせています。免疫システムを活動させています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと糖鎖 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと糖鎖 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系