フコイダンと代替医療と西洋医学

2007年5月31日 5:44 PM | 50フコイダン療法 | コメント(0)

フコイダンは、抗がん剤で抑制するのではなく、がん細胞を死滅させてしまいます。厳密にいうと、アポトーシスに陥った細胞は収縮していきます。核も濃縮され断片化していきます。断片化した核は、細胞膜に包まれたアポトーシス小体となって、食細胞に処理されます。生体内の細胞環境のホメオスターシスを持ち続ける重要なメカニズムです。
フコイダンは、民間療法のひとつである代替医療として日々研究されています。代替医療のなかでも、フコイダンのガンなどへの成果があがっているものについて情報が多く発表されています。日本では、医師であってもフコイダンのような情報が入ってくることはまれです。たとえ患者がフコイダンのような代替医療を希望したとしても、代替医療を受けることは現実では難しいかもしれません。西洋医学では、科学的に検証されなければ医療として考えられないのです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと代替医療と西洋医学 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと代替医療と西洋医学 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系