フコイダンとフコイダン療法

2007年6月2日 4:46 PM | 50フコイダン療法 | コメント(0)

外科医として大学病院でがん治療に専念してきた医者が、現代医学の限界という壁を乗り越えたいという動機で、アポトーシス関連の遺伝子の研究をされて、フコイダンに注目するきっかけになったそうです。
がん治療に限界がある現代医学のなかでは、予防医学をとおしてガンにならない体質改善の重要ですが、現実は現代医学の限界を超えた部分で苦しんでいる方も大勢います。理想と現実のなかで、フコイダンを紹介されたそうですが、いくら素晴らしいものを紹介しても、科学的根拠の無い医療は、現代医学では無責任に使うのは難しいと考えたそうです。それでも医者の研究分野であるガン抑制遺伝子とフコイダンのアポトーシス作用が近いので、フコイダンの文献を調べ、肺がん末期の患者さんに使用することを決断したそうです。一ヶ月後、フコイダンを飲用した末期がんの患者さんは驚異的な改善を見せたのです。現代医学の現場にいたお医者さんは、科学的に証明できない療法を素直に認められなかったように思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとフコイダン療法 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとフコイダン療法 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系