フコイダンとフコイダン治療の結果

2007年6月3日 | 50フコイダン療法 | コメント(0)

医学博士のある先生は、自分の治療の体験談を話されていましたが、多くの末期がん患者にフコイダン治療をとりいれた結果は、一ヶ月間でほぼ全員のがん腫瘍マーカーやLDHなどの数値が低下したという結果が出ているそうです。この先生のフコイダン治療の結果は、臓器内の腫瘍にだけいえることですが、がん細胞の消滅は、かなりの確率で効果が出ているそうです。このことは、フコイダンが吸収されることによって、がん細胞を死滅に追いやっているとしか考えられないことだと思います。フコイダン成分は、血管を通って腫瘍に到達するところなら、多くの確率で、がん細胞にアポトーシス誘導作用が働いて、がん細胞を死滅に追いやることができると考えていいと思います。フコイダンはがん細胞をやっつけるのではなくて、がん細胞みずからが自滅していくことがすごいことだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとフコイダン治療の結果 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとフコイダン治療の結果 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

▲ ページトップへ

初心者向け出会い系