「 投稿者アーカイブ:hashi 」 一覧

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

2007/05/04   -シーフコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

シーフコイダンとモズクの種類

2007/05/03   -シーフコイダン

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …

no image

シーフコイダンとモズクの分解

2007/05/02   -シーフコイダン

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

フコイダンと抗ガン剤

2007/05/01   -がんの効果

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …

no image

フコイダンと西洋医学の限界

2007/04/30   -フコイダン療法

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一 …

no image

フコイダンとアポトーシス

2007/04/29   -がんの効果

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …

no image

フコイダンとガン

2007/04/28   -がんの効果

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

シーフコイダンと濃縮液体

2007/04/27   -シーフコイダン

シーフコイダンは、濃縮液体であることにこだわっているそうです。理由は食欲のないときも飲むことができます。また、フコイダンは海藻のぬめりに含まれる成分です。できるだけ純度と鮮度を保った上で製品化すること …

no image

シーフコイダンとフコキサンチン

2007/04/26   -シーフコイダン

フコキサンチンというのが、フコイダンとともに注目を集めています。フコキサンチンは、ひじきやワカメ、昆布というような褐藻類にだけ含まれている赤褐色のカロテノイドの一種です。カロテノイドは、ニンジンの黄色 …

no image

シーフコイダンとアミノ酸

2007/04/25   -シーフコイダン

シーフコイダンには、必須アミノ酸9種類を含む19種類のアミノ酸が含まれています。必須アミノ酸9種類は細胞形成に重要なアミノ酸です。たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されていますが、そのうちの9種類 …