「 投稿者アーカイブ:hashi 」 一覧

no image

フコイダンと海藻

2007/03/04   -フコイダン

海藻のなかには、ビタミンやミネラルをたっぷり含まれています。特に、海藻のなかにはヨウ素が多く含まれています。日本人が、ヨウ素不足にならないのは、海藻を摂取しているといわれています。ヨウ素は甲状腺ホルモ …

no image

フコイダンと吸収力

2007/03/03   -フコイダン

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

フコイダンの作用

2007/03/02   -フコイダン

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …

no image

トンガ王国産モズク

2007/02/24   -シーフコイダン

トンガ王国は南太平洋に位置する珊瑚礁の島です。トンガ王国のまわりの海の水は、世界で2番目に深い海溝とであるトンガ海溝から湧き出ています。海洋深層水なので、水質汚染はありませんし、最高に良質なミネラルを …

no image

フコイダンと化学的構造

2007/02/23   -科学的効果

フコイダンはアポトーシスを持ち、がんに対して効果があるのではないかと、世界中の科学者に注目されています。その注目のフコイダンとはどんな成分で、どのような構造なのでしょうか。フコイダンは、モズクやコンブ …

no image

フコイダン療法とがんの効果

2007/02/23   -フコイダン療法

フコイダン療法で、がんの効果はどうかというと、医学博士である吉田年宏先生の今までの経験では、フコイダン治療で、末期がん患者112人に行なった結果では、2週間から1ヶ月の間で、100%に近い癌腫瘍マーカ …

no image

フコイダンとがん細胞

2007/02/23   -がんの効果

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

シーフコイダンとは

2007/02/23   -シーフコイダン

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。 フコイダン …

no image

フコイダンとは

2007/02/23   -フコイダン

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …