no image

フコイダンと硫酸化フコース

2007/03/15   -科学的効果

硫酸化フコース(L-フコース)が、2-0-硫酸化フコース、3-0-硫酸化フコース、4-0-硫酸化フコースの状態になり結びつき「3繰り返し単位」で連鎖し分子体になります。その分子量は数千~数百万、数千万 …

no image

フコイダンの生理活性

2007/03/14   -科学的効果

フコイダンとはL-フコースが特殊な状態で連鎖し多糖体の状態になったものを、フコイダンといいます。生理活性とはその物の持つ特殊な働きのことを指します。 単糖2分子がグリコシド結合により1分子となったもの …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

2007/03/14   -がんの効果

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

高分子フコイダンと低分子フコイダン

2007/03/13   -科学的効果

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そ …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

2007/03/12   -がんの効果

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンと肺ガン

2007/03/11   -がんの効果

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとの接触治療

2007/03/10   -がんの効果

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

フコイダンとガン治療

2007/03/09   -がんの効果

アポトーシスが関係している病気には、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患があります。エイズや神経変性疾患などはアポトーシスが増加することで起こります。 ガンやウイルス感染などはアポ …

no image

シーフコイダンとモズク

2007/03/08   -シーフコイダン

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいし …

no image

シーフコイダンの製品化

2007/03/07   -シーフコイダン

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …