no image

フコイダンと純度

2007/04/16   -フコイダン

いろんな会社が、フコイダン製品を作っていますが、フコイダン製品の原料としては何が多いと思われますが、そうです。モズクです。フコイダンはいろいろな海藻に含まれているそうです。たとえば、ワカメにも含まれて …

no image

フコイダンとβ-D-グルカン

2007/04/15   -科学的効果

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。 「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指し …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

2007/04/14   -がんの効果

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

2007/04/13   -がんの効果

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …

no image

フコイダンと免疫賦活作用

2007/04/12   -がんの効果

フコイダンは、アガリクスやメシマコブ、そのほかのキノコと同じように、免疫賦活作用、すなわち、免疫細胞を活性化させて、免疫力を強くさせるのに強い働きがあることがわかっています。 フコイダンとアガリクスや …

no image

β-D-グルカンと免疫活性

2007/04/11   -がんの効果

薬用キノコ類の、β-D-グルカンは、からだの免疫力を高めることで、間接的にガン細胞を攻撃しますが、フコイダンは、β-D-グルカンの免疫活性にプラスして、ガン細胞に直接働きかけます。 いわば、ガン細胞を …

no image

フコイダンとD-フラクション

2007/04/10   -がんの効果

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンとAHCC

2007/04/09   -がんの効果

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

アガリクスとフコイダン

2007/04/08   -フコイダン療法

アガリクス(Agaricus)とは、ブラジル南東部の山地を原産地とするハラタケ科ハラタケ属のキノコヒメマツタケの俗称です。学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。傘のかたち、色はマッシュルー …

no image

フコイダンの吸収

2007/04/07   -科学的効果

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …