no image

フコイダンとD-フラクション

2007/04/10   -がんの効果

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンとAHCC

2007/04/09   -がんの効果

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

アガリクスとフコイダン

2007/04/08   -フコイダン療法

アガリクス(Agaricus)とは、ブラジル南東部の山地を原産地とするハラタケ科ハラタケ属のキノコヒメマツタケの俗称です。学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。傘のかたち、色はマッシュルー …

no image

フコイダンの吸収

2007/04/07   -科学的効果

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …

no image

フコイダンと硫酸基の結合

2007/04/06   -科学的効果

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …

no image

フコイダン純度

2007/04/05   -科学的効果

フコイダン純度とは、通常、硫酸基結合量とフコイダン含有量のことをいいます。同じ量のフコイダンを摂取する場合では、とうぜんですが、製品による純度の違いで飲む量も違ってきますので注意が必要です。 フコイダ …

no image

フコイダンの硫酸基結合

2007/04/04   -科学的効果

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …

no image

フコイダンのフコースの抽出過程

2007/04/03   -科学的効果

フコイダンのフコースの抽出過程においては、熱を加えれば加えるほどフコースはたくさん抽出することができます。フコースをたくさん抽出したいからといって、熱をたくさん加えると、熱を加えれば加えるほど、硫酸基 …

no image

フコイダンと日本近海の硫酸基

2007/04/02   -科学的効果

硫酸基とは硫酸の元になっている物質です。硫酸は劇薬ですが、硫酸基単体では無害の物質です。硫酸基は、フコイダンのヌルヌルのもとになる成分です。硫酸基の結合量は、品質のいいフコイダンがどうかを判断する条件 …

no image

フコイダンとアガリクス

2007/04/01   -がんの効果

アガリクスやメシマコブ、複数のきのこから抽出したAHCC、D-フラクションを使用した代替療法は、新聞や雑誌、書籍、マスコミなどから多く取り上げられています。多くの反響があり、それぞれの健康食品に多くの …