フコイダン

フコイダンとは

投稿日:

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。
フコイダンは、激しい潮の流れから身を守るために、海藻にとっては不可欠な成分になっています。フコイダンは、海藻を柔軟にする働きがあります。 
 
最近は、フコイダンが健康にいいのではないかということで、世界各国から注目が集まっています。栄養補給や美容に、様々な研究が日々重ねられています。
 
フコイダンの成分としては、特に、ヨウ素が多く含まれます。日本人が甲状腺ホルモンの主要な成分となっているヨウ素不足になっていないのも、海藻を摂っているからだと言われています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとは この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとは Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

良いフコイダンの選び方

フコイダンの商品のどれも同じものではありません。商品名を見て、フコイダン、と書いているから安心とは限りません。良いフコイダンとは、どのようなフコイダンのことでしょうか。良いフコイダンとは、まず、良質の …