がんの効果

フコイダンとガン治療

投稿日:

アポトーシスが関係している病気には、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患があります。エイズや神経変性疾患などはアポトーシスが増加することで起こります。
ガンやウイルス感染などはアポトーシスが減少することで起こります。これらの病気は、本来ならばアポトーシスが起こらないといけないときに起こらなかったり、アポトーシスが起こってはいけないときに起こってしまっています。つまり、アポトーシス機能のバランスが崩れてしまっています。
ガン細胞はアポトーシスが効かなくなった細胞です。アポトーシスが効かなくなった細胞をそのままにすると、同じような異常細胞を、細胞分裂によって増殖させてしまうことになります。
フコイダンは、この細胞のアポトーシス機能を引きだしてくれます。フコイダンは、ガンに効果的な代替医療なる可能性があると思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとガン治療 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとガン治療 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …