がんの効果

フコイダンとの接触治療

投稿日:

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。
それでは、フコイダンが触れない部分の場合はどうでしょうか。これまでは、フコイダンが直接触れない部分については、フコイダンが直接触れませんので効果がないといわれていました。
ところが、フコダインを超低分子化することによって、吸収率を高めることが可能になることがわかりました。
要するにフコイダンの分子量を小さくすれば、体内に効率よく入り込むことができます。
フコイダンが直接触れない部分でも、血管を通って、患部や腫瘍にたどり着くことができるようになります。フコイダンを摂取すると、患部が熱くなったり、体温が上がります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとの接触治療 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとの接触治療 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと抗ガン剤

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …