がんの効果

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

投稿日:

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに合わせて、フコイダンの処方量を変えていきます。
最初に、判定に有効な血液検査や画像診断を行います。ここで、ガンの原発部位やガンの進行度に合わせたフコダインの処方量を決めます。できれば、初期段階でガン細胞を叩くことが大切です。スローに行なうのは、ガン細胞の進行を考えるとよくありません。
最初にフコイダンを大量に摂取して、ガンの進行を止めることが大切です。フコイダンは副作用がありません。患者さんの身体的苦痛も少ないと思われます。まずガン細胞の進行を止めて、アポトーシス誘導される多くの量を飲用することが肝心です。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンによる癌細胞初期休眠療法 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンによる癌細胞初期休眠療法 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンと免疫賦活作用

フコイダンは、アガリクスやメシマコブ、そのほかのキノコと同じように、免疫賦活作用、すなわち、免疫細胞を活性化させて、免疫力を強くさせるのに強い働きがあることがわかっています。 フコイダンとアガリクスや …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …