科学的効果

高分子フコイダンと低分子フコイダン

投稿日:

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そのマウスに高分子フコイダン、低分子フコイダンそして蒸留水を4週間飲ませる実験です。
フコイダンの量、30μg/2mlと60μg/2mlを毎日マウスに与えます。フコイダンを与えなかったマウスは、4週間後には腫瘍の重量が2.30gになりました。低分子フコイダン30μg あげたマウスは1.46gになりました。高分子フコイダン30μg あげたマウスは0.65gになりました。同じように60μgでは、低分子フコイダンでは1.66g、高分子フコイダンでは0.14gに縮小しました。この結果から、高分子フコイダンの方が、腫瘍増殖抑制率、アポトーシス効果が高いということが分かりました。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 高分子フコイダンと低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 高分子フコイダンと低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの硫酸基結合

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …

no image

フコイダンと糖鎖

人間の機能の働きが弱くなると、ガンになりやすくなってきます。フコイダンの糖成分であるフコースは、糖鎖の大切な材料となります。がん患者さんがフコイダンを摂取することで、自然治癒力を高めていのは、糖鎖の本 …

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …

no image

フコイダンと化学的構造

フコイダンはアポトーシスを持ち、がんに対して効果があるのではないかと、世界中の科学者に注目されています。その注目のフコイダンとはどんな成分で、どのような構造なのでしょうか。フコイダンは、モズクやコンブ …

no image

フコイダンの化学組成

多くの研究から、モズクには昆布やメカブより純粋に多くのフコイダンを含んでいることが分かっています。不純物の心配が少ないため、モズクから多くのフコイダンを取り出すことに成功しています。研究データーでは、 …