がんの効果

フコイダンと新生血管抑制作用

投稿日:

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。
最近の研究報告では、ガン細胞は一定のスピードでどんどん増殖していきますが、新生血管がいったんでき始めますと、それからのガン細胞の増殖のスピードが、恐ろしく速くなっていくことが明らかになっています。
ガン細胞にフコイダンを投与すると、フコイダンはガン細胞が新生血管をつくるのを妨害してくれますので、ガン細胞が増えたり、ガン細胞が転移するのを防いでくれていることが明らかになっています。フコイダンは、今後の研究成果が注目されていますし、多くの代替療法のなかでも高い評価を得ています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと新生血管抑制作用 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと新生血管抑制作用 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンと抗ガン剤

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …