科学的効果

フコイダンと化学的構造

投稿日:

フコイダンはアポトーシスを持ち、がんに対して効果があるのではないかと、世界中の科学者に注目されています。その注目のフコイダンとはどんな成分で、どのような構造なのでしょうか。フコイダンは、モズクやコンブなどの海草褐藻類の中に含まれる、いわゆる「ぬるぬる成分」です。
化学的には、「全糖」と「灰分」と「硫酸基」と「ウロン酸」が結びついた「Dキシロース」や「Lフコース」を主成分とした構造になっています。粘質多糖類の一種です。多糖とは、単糖分子がグリコシド結合によって多数重合した糖のことです。構成単位となる単糖とは異なる性質を示します。フコイダンもこの多糖類のひとつです。
しかし、ほんとのところをいうと、「フコイダン」を特定する正式な定義については、今のところ確定しておりません。フコイダンは「フコイダン様多糖類」などと呼ばれることもあります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと化学的構造 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと化学的構造 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと硫酸基

フコイダン(fucoidan)と言う物質そのものは、100年近くも前に発見されていました。そのフコイダンの構造が多糖類として非常に複雑に絡み合い、分析する事が大変難しい存在だったのです。 何故難しいか …

no image

フコイダンの硫酸基結合

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …

no image

フコイダンの吸収

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …

no image

フコイダンの生理活性

フコイダンとはL-フコースが特殊な状態で連鎖し多糖体の状態になったものを、フコイダンといいます。生理活性とはその物の持つ特殊な働きのことを指します。 単糖2分子がグリコシド結合により1分子となったもの …

no image

フコイダンと糖鎖

人間の機能の働きが弱くなると、ガンになりやすくなってきます。フコイダンの糖成分であるフコースは、糖鎖の大切な材料となります。がん患者さんがフコイダンを摂取することで、自然治癒力を高めていのは、糖鎖の本 …