フコイダン

フコイダンと吸収力

投稿日:

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。
胃腸の弱い患者さんやお年寄りの方でも、吸収力をよくするためには、フコイダン成分を低分子化することが大切です。
フコダインの分子量が大きすぎて、体内に3%しか取り込めないのでしたら、そのフコダインの効果は、3%分の価値しかないことになります。
フコダインの容量が多いにこしたことはありませんが、大切なのは、摂取するフコダインが、低分子加工されているかということです。低分子化の技術があれば、フコイダンが直接触れない部分の患部に対して効果が認められるはずです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと吸収力 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと吸収力 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

良質なフコイダンとまぜもの

良いフコイダンの選び方として、まぜものをしていないことがあげられます。良質のフコイダンの含有率が100%でなけば飲用する意味がありません。現在、国内で20社ほどがフコイダン製品を出しておりますが、中に …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

高品質のフコイダン

フコイダンを高品質な製品にするために重要になってくるのポイントはフコイダンそのものの新鮮な原料とフコイダンの有効成分を壊さない加工法です。原料はその産地の環境に大きな影響を受けます。人間の体によくない …