フコイダン

フコイダンと海藻

投稿日:

海藻のなかには、ビタミンやミネラルをたっぷり含まれています。特に、海藻のなかにはヨウ素が多く含まれています。日本人が、ヨウ素不足にならないのは、海藻を摂取しているといわれています。ヨウ素は甲状腺ホルモンの主要な成分です。
海藻のなかでも、褐藻類に含まれる食物繊維の多糖類が、人間の体にいいことがわかってきています。その多糖類の代表格の成分がフコイダンです。フコイダンは、高分子の多糖類で硫酸基を多く含みます。フコイダンは、海藻を傷つけた時に、その傷口の防御や乾燥から身を守り、そして組織を柔軟に維持する役割をしています。
日本では、オキナワモズクが、フコイダンの含有量が一番多いです。ワカメでいうと根っこのメカブに多くフコイダンが含まれています。トンガ産のモズクは、なんとオキナワモズクの3倍のフコイダンが含まれています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと海藻 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと海藻 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

フコイダンと純度

いろんな会社が、フコイダン製品を作っていますが、フコイダン製品の原料としては何が多いと思われますが、そうです。モズクです。フコイダンはいろいろな海藻に含まれているそうです。たとえば、ワカメにも含まれて …

no image

フコイダンと腸の吸収

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダン …

no image

フコイダンの作用

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …