フコイダン

フコイダンと海藻

投稿日:

海藻のなかには、ビタミンやミネラルをたっぷり含まれています。特に、海藻のなかにはヨウ素が多く含まれています。日本人が、ヨウ素不足にならないのは、海藻を摂取しているといわれています。ヨウ素は甲状腺ホルモンの主要な成分です。
海藻のなかでも、褐藻類に含まれる食物繊維の多糖類が、人間の体にいいことがわかってきています。その多糖類の代表格の成分がフコイダンです。フコイダンは、高分子の多糖類で硫酸基を多く含みます。フコイダンは、海藻を傷つけた時に、その傷口の防御や乾燥から身を守り、そして組織を柔軟に維持する役割をしています。
日本では、オキナワモズクが、フコイダンの含有量が一番多いです。ワカメでいうと根っこのメカブに多くフコイダンが含まれています。トンガ産のモズクは、なんとオキナワモズクの3倍のフコイダンが含まれています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと海藻 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと海藻 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

良質なフコイダンとまぜもの

良いフコイダンの選び方として、まぜものをしていないことがあげられます。良質のフコイダンの含有率が100%でなけば飲用する意味がありません。現在、国内で20社ほどがフコイダン製品を出しておりますが、中に …

no image

フコイダンとモズク

海藻を食べることで フコイダンを吸収できるのなら、健康食品としてフコイダンを摂取する必要はありません。健康食品としてのフコイダンがブームになっている理由があります。 生のモズクに含まれるフコイダンの量 …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …