フコイダン

フコイダンの構造

投稿日:

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。
フコイダンは、おにぎりに例えますとお米の一粒一粒は小さい一粒ですが、おにぎりにすると大きなかたまりになってしまいます。その大きなかたまりがフコイダンの状態なのです。
人が普通に食べて、胃液で溶かし胃腸で吸収される分子の大きさは、通常3000から4000です。その3000から4000の分子の大きさであったとしても、腸で吸収されるのは全体の4から5%です。残りの95%は便となって排泄されます。
もともと高分子で分子の大きさが20万もあるフコイダンは人間の体内には吸収されません。超低分子にこだわる理由はここにあります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの構造 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの構造 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

良質なフコイダンと粉末フコイダン

錠剤や粉末より、液体のほうが圧倒的に吸収率が良く早く効果があらわれるように思います。フコイダンの原料は、活きているモズクです。モズクのヌルヌルした場所からフコイダンは抽出されます。フコイダンはほんらい …

no image

良質なフコイダンと活きているモズク

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つま …