がんの効果

フコイダンとアガリクス

投稿日:

アガリクスやメシマコブ、複数のきのこから抽出したAHCC、D-フラクションを使用した代替療法は、新聞や雑誌、書籍、マスコミなどから多く取り上げられています。多くの反響があり、それぞれの健康食品に多くの愛用者の方がいらっしゃいます。
アガリクスやメシマコブ、AHCC、D-フラクションなどの、きのこ系の健康食品には、β-D-グルカンという多糖類成分が多く含まれています。
アガリクスやメシマコブに含まれるβ-D-グルカン・タンパク質複合体という多糖類には、免疫賦活作用があります。「β-(1→6)-D-グルカン」、「β-(1→3)-D-グルカン」などの特別の多糖類が、他のキノコよりもたくさん含まれています。素晴らしい体験談などはこの多糖類成分の効果だと思われます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアガリクス この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアガリクス Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシス作用実例

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …

no image

β-D-グルカンと免疫活性

薬用キノコ類の、β-D-グルカンは、からだの免疫力を高めることで、間接的にガン細胞を攻撃しますが、フコイダンは、β-D-グルカンの免疫活性にプラスして、ガン細胞に直接働きかけます。 いわば、ガン細胞を …