がんの効果

アガリクスとβ-D-グルカン

投稿日:

アガリクスに含まれる「β-D-グルカン」には、免疫賦活作用という免疫のはたらきを強力に向上させる働きがあって、副作用が少なく、人間の自然治癒力や免疫力を活性化させることができます。
要するに「β-D-グルカン」は、ナチュラルキラー細胞やマクロファージ、Bリンパ球などの免疫細胞の力をさらに強力にして、ガン細胞をやっつけようというものです。ですから「β-D-グルカン」は、ガン細胞に直接に働きかけいません。免疫細胞を強力にすることによって間接的に働いています。
アガリクスに含まれる「β-D-グルカン」は、単に、免疫細胞を応援しているだけですが、これはこれで大変すごいことだと思います。現にアガリクスを飲用して、多くの病気が治ったという体験談があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アガリクスとβ-D-グルカン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - アガリクスとβ-D-グルカン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …

no image

フコイダンとがん治療

フコイダンや健康食品に対しては、欧米や日本の専門的な科学者さんによって、しっかりと研究が進められています。実際に、フコイダンはじめ健康食品を飲用したがん患者さんの結果が、いい結果として実証されている例 …

no image

フコイダンとD-フラクション

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …