科学的効果

フコイダン純度

投稿日:

フコイダン純度とは、通常、硫酸基結合量とフコイダン含有量のことをいいます。同じ量のフコイダンを摂取する場合では、とうぜんですが、製品による純度の違いで飲む量も違ってきますので注意が必要です。
フコイダンが本来持っている機能やフコイダンの有用性を大きく左右してくるのが、じつは、フコイダンの純度になってきます。フコイダンの純度を決めるのは、硫酸基の結合量とフコイダンの含有量ですが、硫酸基の結合量には、もともとフコイダンの規格というものがあって、13%以上なくてはいけないことになっています。
フコイダンは代替医療の原料として、いまたくさんの注目を浴びている素材のひとつですが、硫酸基の結合量が13%足らないフコイダンは、本来フコイダンとしての機能をフルに活用できないということができます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダン純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダン純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの硫酸基結合

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …

no image

フコイダンと糖鎖の機能

糖鎖は、60兆もの細胞を統一して、一個の生命システム全体の為にきちんと機能していくのに欠かせないものです。そして、糖鎖は細胞についているばかりではなく、じつは体内の蛋白質にも存在しています。蛋白質とと …

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …

no image

フコイダンとβ-D-グルカン

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。 「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指し …

no image

フコイダンの吸収

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …