科学的効果

フコイダンの吸収

投稿日:

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいます。M細胞は異物を積極的に吸収する役割を持っています。
M細胞がフコイダンを吸収すると、その情報はM細胞の下にあるパイエル板という免疫司令塔に送られます。パイエル板から免疫を任されている細胞に攻撃命令が出されてしまいます。人間の体は、異物が入ると、異物に対する注意が喚起されます。そのことにより、全身の免疫力が高まるしくみになっています。
これまでの考え方では、水溶性食物繊維のフコイダンは腸では吸収されないで、便といっしょに排出されるということでしたが、最近の研究報告では、フコイダンは高分子なので、M細胞に吸収されて、人間の体内にある免疫力に影響を与えることがわかってきました。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの吸収 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの吸収 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高分子フコイダンと低分子フコイダン

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そ …

no image

フコイダンと日本近海の硫酸基

硫酸基とは硫酸の元になっている物質です。硫酸は劇薬ですが、硫酸基単体では無害の物質です。硫酸基は、フコイダンのヌルヌルのもとになる成分です。硫酸基の結合量は、品質のいいフコイダンがどうかを判断する条件 …

no image

フコイダンと糖鎖

人間の機能の働きが弱くなると、ガンになりやすくなってきます。フコイダンの糖成分であるフコースは、糖鎖の大切な材料となります。がん患者さんがフコイダンを摂取することで、自然治癒力を高めていのは、糖鎖の本 …

no image

フコイダンのフコースの抽出過程

フコイダンのフコースの抽出過程においては、熱を加えれば加えるほどフコースはたくさん抽出することができます。フコースをたくさん抽出したいからといって、熱をたくさん加えると、熱を加えれば加えるほど、硫酸基 …

no image

フコイダンとβ-D-グルカン

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。 「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指し …