がんの効果

フコイダンとAHCC

投稿日:

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子菌を培養することでとれる菌糸体抽出物が原料です。つまりAHCCは「活性ヘミセルロース」や「β-D-グルカン(1→3)」のような多糖類がたくさん含まれている担子菌を液体大量培養して得られる菌子体抽出物です。
「AHCC研究会」は、日本のいくつかの研究機関と医療機関が共同で発足していますが、AHCC研究会がAHCCの薬理作用の解明、有用性などの評価を行い、毎年、基礎、臨床の研究結果が報告されます。
AHCCには、ナチュナルキラー細胞活性賦活作用、インターロイキン-1、2、12産生促進作用、好中球、マクロファージの活性化作用、インターフェロンα産生増強作用があるという報告があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとAHCC この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとAHCC Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンと抗ガン剤

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …