がんの効果

フコイダンとD-フラクション

投稿日:

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクションです。
もっと細かくいうと、D-フラクションはまいたけの成分のβ-グルカンの中で、活性作用の強い成分活性β-グルカン、つまりβ1-3グルカン、β1-6グルカンに、糖と少しのタンパク質を結合させる形で処理を行なったものです。
D-フラクションはエイズの治療薬として紹介されたので、一躍、注目を浴びました。その後、アメリカでガン治療にまいたけの抽出成分を使用している事例が報告されました。アメリカには、ガン治療にD-フラクションと抗ガン剤を併用することを選択する多くの医師がいます。
D-フラクションを使用する目的として、アガリクスやメシマコブと同じように、マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞を活性化を期待しています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとD-フラクション この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとD-フラクション Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと直接接触

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …

no image

β-D-グルカンと免疫活性

薬用キノコ類の、β-D-グルカンは、からだの免疫力を高めることで、間接的にガン細胞を攻撃しますが、フコイダンは、β-D-グルカンの免疫活性にプラスして、ガン細胞に直接働きかけます。 いわば、ガン細胞を …