フコイダン

フコイダンの区分

投稿日:

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。
高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れにくいものをいいますが、フコースやガラクトース、マンノース、キシロースなどの分子が強く結合されています。
フコイダンは高分子なので、人間への体内への吸収が悪いので低分子化することで吸収をよくしょうとする話しもあります。低分子化するとフコイダンの分子構造をくずすことになります。フコイダンの分子構造がくずれると正確な意味でのフコイダンでないかもしれません。
フコイダンの分子構造の大きな特徴は、硫酸基を含むことです。この硫酸基結合量がフコイダンとしての大きな意味を持っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの区分 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの区分 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …

no image

高品質のフコイダン

フコイダンを高品質な製品にするために重要になってくるのポイントはフコイダンそのものの新鮮な原料とフコイダンの有効成分を壊さない加工法です。原料はその産地の環境に大きな影響を受けます。人間の体によくない …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …