フコイダン療法

フコイダンの効能

投稿日:

アポトーシス誘導作用は、通常の正常細胞が古くなった場合に、古くなった細胞に自滅スイッチが入って、新しい細胞との生まれ変わりが起こってしまいます。これがアポトーシスです。
ガン細胞は異常が蓄積することによって、自滅スイッチの機能が動かなくなります。そして、その異常細胞が増殖を繰り返していきます。もし、この異常発生したガン細胞にアポトーシスを起こすことができれば、ガン細胞は正常細胞に戻ることができます。要するに、細胞のアポトーシスが正常に起こってくれさえすれば、ガン細胞も自滅してなくなっていきます。
アポトーシスと病気の関係が、これからもっと解明してくれば、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患などで、病気になっている患部のアポトーシスを特異的に誘導したり、抑制することによって、病気の発症を抑えることができるようになります。それがフコイダンを使った代替医療です。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの効能 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの効能 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコダインと他の代替医療

フコダインは他の代替医療とでは、その効果の点でまったく異なった代替医療ということがてきます。ガンにおいては、アガリクスやメシマコブ、AHCCは有名です。アガリクスやメシマコブ、AHCCは、正常細胞やナ …

no image

フコイダンと代替医療

最近では、代替医療が注目されつつあります。代替医療についてはいろいろ言われていますが、基本的には、西洋医学の領域に属さない療法を総称したものであると言えそうです。 代替医療といえば、よく知られている漢 …

no image

アガリクスとフコイダン

アガリクス(Agaricus)とは、ブラジル南東部の山地を原産地とするハラタケ科ハラタケ属のキノコヒメマツタケの俗称です。学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。傘のかたち、色はマッシュルー …

no image

フコイダンと代替医療と西洋医学

フコイダンは、抗がん剤で抑制するのではなく、がん細胞を死滅させてしまいます。厳密にいうと、アポトーシスに陥った細胞は収縮していきます。核も濃縮され断片化していきます。断片化した核は、細胞膜に包まれたア …

no image

フコイダン療法とがんの効果

フコイダン療法で、がんの効果はどうかというと、医学博士である吉田年宏先生の今までの経験では、フコイダン治療で、末期がん患者112人に行なった結果では、2週間から1ヶ月の間で、100%に近い癌腫瘍マーカ …