フコイダン療法

フコイダン治療法の特長

投稿日:

フコイダン治療法の特長として、西洋医学を柱にしています。他の健康食品は使いません。フコイダンだけの治療を行なっています。いろいろな治療法を、平行して行なうと、何を強化して、何を少なくすればいいのか判断できません。
たくさんの治療法を併用すると、正確な効果判定ができなくなります。正確な効果判定ができなくなると、量の選定もむずかしくなります。かえって、患者さんの経済的負担が大きくなります。ですから、初期に大量のフコダインを摂取していただき、効果判定を正確にしています。
残念なことに、フコイダンを少量ずつ摂取した患者さんのなかには、本来、普通に摂取したなら効果が認められたのに、効果を確認できずにフコイダンを止めてしまっている患者さんもいます。最初は経済的負担があったとしても、初期段階では効果を認める量を摂取した方が結局はいいことになります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダン治療法の特長 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダン治療法の特長 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコダインと統合医療

海外では、代替医療は、Alternative Medicine と呼ばれています。補完医療は、Complermentary Medicine と呼ばれています。代替医療と補完医療を合わせて、CAM(C …

no image

フコイダン療法とがんの効果

フコイダン療法で、がんの効果はどうかというと、医学博士である吉田年宏先生の今までの経験では、フコイダン治療で、末期がん患者112人に行なった結果では、2週間から1ヶ月の間で、100%に近い癌腫瘍マーカ …

no image

フコイダンの効果

フコイダンは、アガリクスなどと同じように、正常細胞を強くします。この作用にもっと効果が期待できるのです。アガリクスと違うのは、直接、ガン細胞に働きかけ、ガン細胞をアポトーシスする作用が大変強いというこ …

no image

フコイダンとフコイダン治療の結果

医学博士のある先生は、自分の治療の体験談を話されていましたが、多くの末期がん患者にフコイダン治療をとりいれた結果は、一ヶ月間でほぼ全員のがん腫瘍マーカーやLDHなどの数値が低下したという結果が出ている …

no image

フコイダンと西洋医学の限界

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一 …