フコイダン療法

フコイダン治療法の特長

投稿日:

フコイダン治療法の特長として、西洋医学を柱にしています。他の健康食品は使いません。フコイダンだけの治療を行なっています。いろいろな治療法を、平行して行なうと、何を強化して、何を少なくすればいいのか判断できません。
たくさんの治療法を併用すると、正確な効果判定ができなくなります。正確な効果判定ができなくなると、量の選定もむずかしくなります。かえって、患者さんの経済的負担が大きくなります。ですから、初期に大量のフコダインを摂取していただき、効果判定を正確にしています。
残念なことに、フコイダンを少量ずつ摂取した患者さんのなかには、本来、普通に摂取したなら効果が認められたのに、効果を確認できずにフコイダンを止めてしまっている患者さんもいます。最初は経済的負担があったとしても、初期段階では効果を認める量を摂取した方が結局はいいことになります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダン治療法の特長 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダン治療法の特長 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと西洋医学の限界

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一 …

no image

フコイダンの効能

アポトーシス誘導作用は、通常の正常細胞が古くなった場合に、古くなった細胞に自滅スイッチが入って、新しい細胞との生まれ変わりが起こってしまいます。これがアポトーシスです。 ガン細胞は異常が蓄積することに …

no image

フコダインと統合医療

海外では、代替医療は、Alternative Medicine と呼ばれています。補完医療は、Complermentary Medicine と呼ばれています。代替医療と補完医療を合わせて、CAM(C …

no image

フコイダンと自然治癒力

がんの代替医療としてのフコイダンも、社会的に認められるには、科学的な検証が大事です。これからも研究を持続していかないといけませんし、フコイダンをどう活用すれば、いかに人間の自然治癒力も引き出すことがで …

no image

フコイダンと代替医療と西洋医学

フコイダンは、抗がん剤で抑制するのではなく、がん細胞を死滅させてしまいます。厳密にいうと、アポトーシスに陥った細胞は収縮していきます。核も濃縮され断片化していきます。断片化した核は、細胞膜に包まれたア …