フコイダン療法

フコイダンの効果

投稿日:

フコイダンは、アガリクスなどと同じように、正常細胞を強くします。この作用にもっと効果が期待できるのです。アガリクスと違うのは、直接、ガン細胞に働きかけ、ガン細胞をアポトーシスする作用が大変強いということにあります。
その他、新生血管抑制作用もガン増殖を強烈に抑える作用がありますし、フコイダンに多く含まれる必須アミノ酸もガン治療に大きな役割を担います。ガン癌治療において、フコイダンほど理想的な治療法はありません。
アガリクスなど、キノコ類に含まれている抗ガン作用が強いとされている「レンチナン」は、免疫力を強める目的で配合されていますが、最近の日本癌学会で発表された実験結果のなかに「レンチナン」は心臓に負担を与えることがわかっています。
日本人は長年、海藻類を食べている国民です。海藻を食べて副作用がでたという報告はありません。安心してフコイダンを取り入れます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの効果 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの効果 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アガリクスとフコイダン

アガリクス(Agaricus)とは、ブラジル南東部の山地を原産地とするハラタケ科ハラタケ属のキノコヒメマツタケの俗称です。学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。傘のかたち、色はマッシュルー …

no image

フコダインとアポトーシス

アポトーシスとは、アポトーシス生物のすべての細胞は、自分自身の細胞が異常な状態になったり、年を重ねて老化したりしますと、自ら自滅するための命令を出すことのできる遺伝子を内包しています。その遺伝子の出す …

no image

フコイダン療法とがんの効果

フコイダン療法で、がんの効果はどうかというと、医学博士である吉田年宏先生の今までの経験では、フコイダン治療で、末期がん患者112人に行なった結果では、2週間から1ヶ月の間で、100%に近い癌腫瘍マーカ …

no image

フコイダンと西洋医学の限界

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一 …

no image

フコダインと統合医療

海外では、代替医療は、Alternative Medicine と呼ばれています。補完医療は、Complermentary Medicine と呼ばれています。代替医療と補完医療を合わせて、CAM(C …