フコイダン

フコイダンと日本癌学界

投稿日:

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。それは「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容です。この内容が現在、脚光を浴びています。フコイダンががんにいいという、医学的メカニズムも、うれしいことにほとんど解明されつつあります。
そのほかに、全世界をみれば、すでに100種類以上の論文が発表されています。フコイダンが、ガン治療のなかで、今一番スポットに当たっている代替医療と言っても過言ではありません。
日本においても、健康に関するテレビ番組でとりあげられています。たとえば、過去において「ためしてガッテン」や「おもいっきりテレビ」にもとりあげられました。
そのほか、いろいろな健康雑誌にも取り上げられています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと日本癌学界 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと日本癌学界 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

良質なフコイダンと活きているモズク

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つま …

no image

良質なフコイダンと硫酸基

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分 …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …