フコイダン

フコイダンと日本癌学界

投稿日:

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。それは「アポトーシス(Apoptosis)誘導作用」という内容です。この内容が現在、脚光を浴びています。フコイダンががんにいいという、医学的メカニズムも、うれしいことにほとんど解明されつつあります。
そのほかに、全世界をみれば、すでに100種類以上の論文が発表されています。フコイダンが、ガン治療のなかで、今一番スポットに当たっている代替医療と言っても過言ではありません。
日本においても、健康に関するテレビ番組でとりあげられています。たとえば、過去において「ためしてガッテン」や「おもいっきりテレビ」にもとりあげられました。
そのほか、いろいろな健康雑誌にも取り上げられています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと日本癌学界 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと日本癌学界 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高品質のフコイダン

フコイダンを高品質な製品にするために重要になってくるのポイントはフコイダンそのものの新鮮な原料とフコイダンの有効成分を壊さない加工法です。原料はその産地の環境に大きな影響を受けます。人間の体によくない …

no image

良質なフコイダンと硫酸基

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分 …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

フコイダンの作用

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …