フコイダン

超低分子フコイダン

投稿日:

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。
人間が吸収する分子の大きさは3000~4000で、その大きさの6分の1になりました。一般的な高分子のフコイダンに比べ、5倍以上の吸収力があります。
人間が吸収できる分子の大きさより小さく、スムーズに体内に吸収されていきます。吸収力がいいとフコイダンの生理活性が発揮できます。フコイダン自体、金額的にも安くありません。同じフコイダンなら、多くのフコイダン成分が人間の体内に吸収されないと意味がなくなります。
吸収力に優れた超低分子フコイダンは、小腸から吸収される血液を通して、体全体をめぐります。そして、はじめてフコイダンの生理活性がはじまります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 超低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 超低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高品質のフコイダン

フコイダンを高品質な製品にするために重要になってくるのポイントはフコイダンそのものの新鮮な原料とフコイダンの有効成分を壊さない加工法です。原料はその産地の環境に大きな影響を受けます。人間の体によくない …

no image

良質なフコイダンと固形成分

超低分子フコイダンの原料は、皆さんのよく知るモズクです。モズクのヌルヌルした部分にフコイダンが含まれています。フコイダンはもともと液体状の物質であり、粉末状の乾いた成分ではありません。液体と錠剤みたい …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

良質なフコイダンと硫酸基

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分 …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …