フコイダン

フコイダンと海藻が育つ環境

投稿日:

海藻の品質は、その海藻が育つ環境によって大きく左右されることはとうぜんですが、フコイダンのおもな原料である海藻類には、海水中の成分を、体内に取り込み濃縮する性質がありますので、海水から取り込んだ成分が、ビタミンやミネラルなどの栄養分であれば、それだけフコイダンの栄養素も豊富になるといえるでしょう。
逆に、化学物質で汚染されている海水の中で育った海藻は、重金属類、放射性物質のような有害成分を取り込んでいることになります。
とうぜん、製品にする場合は、有害物質は 科学的に手を加えられて外されていると思いますが、その代わりにフコイダンに含まれる大切な成分まで外されてしまいます。
綺麗な美しい海で育ち、最初から化学物質のついていない健康な海藻を選ぶことが、硫酸基の結合を保ったまま、高純度のフコイダンを抽出することができるというわけです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと海藻が育つ環境 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと海藻が育つ環境 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

フコイダンとモズク

海藻を食べることで フコイダンを吸収できるのなら、健康食品としてフコイダンを摂取する必要はありません。健康食品としてのフコイダンがブームになっている理由があります。 生のモズクに含まれるフコイダンの量 …

no image

フコイダンの品質

フコイダンにとって、大切な条件が純度と製法です。そして、硫酸基という物質が、どのくらい結合しているといいかということは、これまでの研究で13%以上必要であることが分かってきました。 フコイダンは、科学 …

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …