フコイダン

フコイダンの品質

投稿日:

フコイダンにとって、大切な条件が純度と製法です。そして、硫酸基という物質が、どのくらい結合しているといいかということは、これまでの研究で13%以上必要であることが分かってきました。
フコイダンは、科学的にいうと、硫酸化多糖体の一種ですが、硫酸化多糖体は、糖がいくつも結合しあって、くっついたものに、さらに硫酸基という成分が結合したものをいいます。
フコイダンにとって、硫酸基がとても大切な成分ですが、この硫酸基は、たいへんデリケートな結合をしています。たとえば、原料の海藻を乾燥させるだけでも、その結合がバラバラと外れてしまいます。ですから、フコイダンを抽出するときには、この硫酸基をいかに外さないで抽出するかということが大切なことになります。
そのため、硫酸基の結合を守るためには、原料の海藻からフコイダンを抽出する際に、できるだけ科学的な工程を加えず、乾燥を避け、マイルドな抽出をしなければいけません。そこで大切になるのが、原料となる海藻の品質です。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの品質 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの品質 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

フコイダンの作用

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …