フコイダン

フコイダンの純度の判断

投稿日:

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。
硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、「硫酸基」単体では全く無害な成分です。「硫酸基」自体は、私たちの胃の中には最初から備わっています。胃の粘膜を覆っている成分が硫酸基です。
最近の研究成果では、この硫酸基がフコイダンにとって、とても重要な役割を果たすと言われています。この硫酸基の結合量が少なかったとしても、とうぜんフコイダンであることに変わりはありませんが、硫酸基の結合量が足らないフコイダンが、たくさん入っていたとしても、有用なフコイダンではありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの純度の判断 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの純度の判断 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …

no image

高品質のフコイダン

フコイダンを高品質な製品にするために重要になってくるのポイントはフコイダンそのものの新鮮な原料とフコイダンの有効成分を壊さない加工法です。原料はその産地の環境に大きな影響を受けます。人間の体によくない …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …