フコイダン

フコイダンの純度の判断

投稿日:

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。
硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、「硫酸基」単体では全く無害な成分です。「硫酸基」自体は、私たちの胃の中には最初から備わっています。胃の粘膜を覆っている成分が硫酸基です。
最近の研究成果では、この硫酸基がフコイダンにとって、とても重要な役割を果たすと言われています。この硫酸基の結合量が少なかったとしても、とうぜんフコイダンであることに変わりはありませんが、硫酸基の結合量が足らないフコイダンが、たくさん入っていたとしても、有用なフコイダンではありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの純度の判断 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの純度の判断 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

フコイダンと海藻

海藻のなかには、ビタミンやミネラルをたっぷり含まれています。特に、海藻のなかにはヨウ素が多く含まれています。日本人が、ヨウ素不足にならないのは、海藻を摂取しているといわれています。ヨウ素は甲状腺ホルモ …

no image

フコイダンと純度

いろんな会社が、フコイダン製品を作っていますが、フコイダン製品の原料としては何が多いと思われますが、そうです。モズクです。フコイダンはいろいろな海藻に含まれているそうです。たとえば、ワカメにも含まれて …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

良質なフコイダンと固形成分

超低分子フコイダンの原料は、皆さんのよく知るモズクです。モズクのヌルヌルした部分にフコイダンが含まれています。フコイダンはもともと液体状の物質であり、粉末状の乾いた成分ではありません。液体と錠剤みたい …