フコイダン

フコイダンと純度

投稿日:

いろんな会社が、フコイダン製品を作っていますが、フコイダン製品の原料としては何が多いと思われますが、そうです。モズクです。フコイダンはいろいろな海藻に含まれているそうです。たとえば、ワカメにも含まれていますし、コンブにも含まれています。今話題のメカブにも含まれています。しかし、そのなかでもなぜ、モズクが一番利用されているのでしょうか。実はモズクを利用するのはいい純度を保ちたいからなのです。
それから、フコイダンの純度というのは、商品に表示されているフコイダンの含有量ではありません。じつはフコイダンを構成する糖には、フコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸などの種類があります。原料となる海藻によって、化学組成が異なっているようです。
正確にいえば、フコースだけでできているものをフコイダンと呼びます。ほかの糖も含んでいるものを、本来ならフコイダン様多糖体と呼びます。いまのところその区別がないように思われます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと硫酸基

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分 …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

フコイダンと腸の吸収

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダン …

no image

フコイダンとモズク

海藻を食べることで フコイダンを吸収できるのなら、健康食品としてフコイダンを摂取する必要はありません。健康食品としてのフコイダンがブームになっている理由があります。 生のモズクに含まれるフコイダンの量 …