フコイダン

フコイダンと純度

投稿日:

いろんな会社が、フコイダン製品を作っていますが、フコイダン製品の原料としては何が多いと思われますが、そうです。モズクです。フコイダンはいろいろな海藻に含まれているそうです。たとえば、ワカメにも含まれていますし、コンブにも含まれています。今話題のメカブにも含まれています。しかし、そのなかでもなぜ、モズクが一番利用されているのでしょうか。実はモズクを利用するのはいい純度を保ちたいからなのです。
それから、フコイダンの純度というのは、商品に表示されているフコイダンの含有量ではありません。じつはフコイダンを構成する糖には、フコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸などの種類があります。原料となる海藻によって、化学組成が異なっているようです。
正確にいえば、フコースだけでできているものをフコイダンと呼びます。ほかの糖も含んでいるものを、本来ならフコイダン様多糖体と呼びます。いまのところその区別がないように思われます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

良質なフコイダンと活きているモズク

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つま …

no image

フコイダンと腸の吸収

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダン …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …