科学的効果

フコイダンとβ-D-グルカン

投稿日:

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。
「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指しているように見えますが、実際のところ、結構、適当な集合体に対して、つけられた名称です。
グリコーゲン、デキストラン、セルロースなどは「グルカン」といわれるものですが、グルカンは大きく分けるとαとβに区分されます。
デンプンやデキストランなどは「α-グルカン」です。「β-グルカン」にはその結合によって、β(1-6)、β(1-4)、β(1-3)などがあります。
β(1-4)グルカンはセルロース、つまり紙のことをいいます。βーグルカンが多く含まれているといってもβ(1-4)グルカンが多くまれているのでしたら、何の効果も期待できないということになります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとβ-D-グルカン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとβ-D-グルカン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと吸収率

体内の吸収率が悪ければ、たとえ良質のフコイダンを飲用したとしても、患部や腫瘍にフコイダンが届くことができないわけですから、飲用している意味がありません。患者さんのほとんどが、病気と戦うことで、体力は消 …

no image

フコイダンと人間の消化のメカニズム

フコイダンと呼ばれる製品はたくさんありますが、すべての製品が、身体に良いかということができません。じつはほとんどの製品に使われているフコイダンは、人間の身体のなかに吸収されることなく、実に95%以上が …

no image

フコイダンと糖鎖

人間の機能の働きが弱くなると、ガンになりやすくなってきます。フコイダンの糖成分であるフコースは、糖鎖の大切な材料となります。がん患者さんがフコイダンを摂取することで、自然治癒力を高めていのは、糖鎖の本 …

no image

フコイダンと硫酸基

フコイダン(fucoidan)と言う物質そのものは、100年近くも前に発見されていました。そのフコイダンの構造が多糖類として非常に複雑に絡み合い、分析する事が大変難しい存在だったのです。 何故難しいか …

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …