科学的効果

フコイダンとβ-D-グルカン

投稿日:

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。
「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指しているように見えますが、実際のところ、結構、適当な集合体に対して、つけられた名称です。
グリコーゲン、デキストラン、セルロースなどは「グルカン」といわれるものですが、グルカンは大きく分けるとαとβに区分されます。
デンプンやデキストランなどは「α-グルカン」です。「β-グルカン」にはその結合によって、β(1-6)、β(1-4)、β(1-3)などがあります。
β(1-4)グルカンはセルロース、つまり紙のことをいいます。βーグルカンが多く含まれているといってもβ(1-4)グルカンが多くまれているのでしたら、何の効果も期待できないということになります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとβ-D-グルカン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとβ-D-グルカン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高分子フコイダンと低分子フコイダン

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そ …

no image

フコイダンと日本近海の硫酸基

硫酸基とは硫酸の元になっている物質です。硫酸は劇薬ですが、硫酸基単体では無害の物質です。硫酸基は、フコイダンのヌルヌルのもとになる成分です。硫酸基の結合量は、品質のいいフコイダンがどうかを判断する条件 …

no image

フコイダンのフコースの抽出過程

フコイダンのフコースの抽出過程においては、熱を加えれば加えるほどフコースはたくさん抽出することができます。フコースをたくさん抽出したいからといって、熱をたくさん加えると、熱を加えれば加えるほど、硫酸基 …

no image

フコイダンの硫酸基結合

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …

no image

フコイダンと硫酸化フコース

硫酸化フコース(L-フコース)が、2-0-硫酸化フコース、3-0-硫酸化フコース、4-0-硫酸化フコースの状態になり結びつき「3繰り返し単位」で連鎖し分子体になります。その分子量は数千~数百万、数千万 …