がんの効果

フコイダンと新生血管抑制作用

投稿日:

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。
最近の研究報告では、ガン細胞は一定のスピードでどんどん増殖していきますが、新生血管がいったんでき始めますと、それからのガン細胞の増殖のスピードが、恐ろしく速くなっていくことが明らかになっています。
ガン細胞にフコイダンを投与すると、フコイダンはガン細胞が新生血管をつくるのを妨害してくれますので、ガン細胞が増えたり、ガン細胞が転移するのを防いでくれていることが明らかになっています。フコイダンは、今後の研究成果が注目されていますし、多くの代替療法のなかでも高い評価を得ています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと新生血管抑制作用 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと新生血管抑制作用 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアガリクス

アガリクスやメシマコブ、複数のきのこから抽出したAHCC、D-フラクションを使用した代替療法は、新聞や雑誌、書籍、マスコミなどから多く取り上げられています。多くの反響があり、それぞれの健康食品に多くの …

no image

フコイダンと直接接触

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです …

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …