がんの効果

フコイダンと免疫賦活作用

投稿日:

フコイダンは、アガリクスやメシマコブ、そのほかのキノコと同じように、免疫賦活作用、すなわち、免疫細胞を活性化させて、免疫力を強くさせるのに強い働きがあることがわかっています。
フコイダンとアガリクスやメシマコブ、そのほかのキノコと違うところは、アガリクスなどのキノコに含まれるβ-D-グルカンは、体内の免疫力を、必要以上に強くしてしまうという難点を抱えています。フコイダンは、からだ全体のバランスをとりながら、必要な分だけ体内の免疫力を強化してくれるという働きがあるそうです。
また、フコイダンとアガリクスやメシマコブ、AHCC、Dフラクションとの決定的な違いは、これらのキノコは免疫力を強化することで、関節的にガン細胞と戦いますが、フコイダンはガン細胞に直接働いて、ガン細胞を消滅させるというアポトーシス誘導があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと免疫賦活作用 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと免疫賦活作用 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

アガリクスとβ-D-グルカン

アガリクスに含まれる「β-D-グルカン」には、免疫賦活作用という免疫のはたらきを強力に向上させる働きがあって、副作用が少なく、人間の自然治癒力や免疫力を活性化させることができます。 要するに「β-D- …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …