シーフコイダン

シーフコイダンと低分子フコイダン

投稿日:

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフコイダンです。フコイダンは通常の状態では、1万から数十万以上の分子量があります。食物が噛み砕かれて、胃を経過して、十二指腸に達するときの分子量は約2千から4千といわれています。分子量を千以下にすれば、消化吸収能力の弱った人でも十分に吸収できます。シーフコイダンは、含まれているフコイダンの84%が分子量500以下です。シーフコイダンは、超低分子のフコイダン商品です。フコイダン抽出過程においては、トンガ王国産のもずくを破砕裁断したあと、貝の酵素溶液で抽出して、濃縮液状にしたあとに超低分子化を行っているそうです。体内吸収率を最大限に高める処理を行っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンと低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンと低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良いフコイダンとオキナワモズク

良質なフコイダンには、さらに必要な条件があるそうです。それは原料のモズクに秘密があるそうです。モズクには、たくさんの種類があることはご存知だと思いますが、モズクは、日本国内では東北から沖縄までの日本海 …

no image

フコイダンとモズクに必要な三大条件

研究者たちは、より良質のフコイダンを探すために海外に目を向けました。世界中を調査して、汚染の少ない地域や海水のもっとも汚れていない地域を探しただした結果、南太平洋が選ばれました。そして、南太平洋のなか …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

トンガ王国のモズクとオキナワモズク

研究者は、トンガ王国のモズクをとりよせ調査研究した結果、研究者は驚いてしまいます。日本国内では最高の品質を誇っているオキナワモズクよりも、さらに5から6倍も多くのフコイダンを含んでいるミラクルモズクを …

no image

シーフコイダンとモズクの種類

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …