シーフコイダン

シーフコイダンとアミノ酸

投稿日:

シーフコイダンには、必須アミノ酸9種類を含む19種類のアミノ酸が含まれています。必須アミノ酸9種類は細胞形成に重要なアミノ酸です。たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されていますが、そのうちの9種類はからだでは合成されません。口から摂取する必要があるので「必須アミノ酸」と呼ばれています。この必須アミノ酸はバランスよく食事から摂取する必要があります。1種類でも欠けてもいけません。アミノ酸以外にも海洋性ミネラルが豊富に含まれています。アミノ酸やミネラルは、人のからだで十分に作りだすことができません。健康を維持するためには、食事から上手く取り入れることが大切です。人のからだの6割は水です。そして驚いたことに2割はアミノ酸で占められています。アミノ酸は人のからだの細胞、ホルモン、酵素などを形成しますし、からだにとっていろいろ重要な機能をになっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとアミノ酸 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとアミノ酸 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トンガ王国のモズクとオキナワモズク

研究者は、トンガ王国のモズクをとりよせ調査研究した結果、研究者は驚いてしまいます。日本国内では最高の品質を誇っているオキナワモズクよりも、さらに5から6倍も多くのフコイダンを含んでいるミラクルモズクを …

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

シーフコイダンとは

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。 フコイダン …

no image

シーフコイダンとモズクの種類

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …