シーフコイダン

シーフコイダンと濃縮液体

投稿日:

シーフコイダンは、濃縮液体であることにこだわっているそうです。理由は食欲のないときも飲むことができます。また、フコイダンは海藻のぬめりに含まれる成分です。できるだけ純度と鮮度を保った上で製品化することがとても重要です。シーフコイダンは、トンガ王国産もずくのぬめりを低分子化し、そのまま閉じ込めていますので、鮮度、純度、吸収性に優れています。濃縮液体だと飲みやすいですし、液体ですので吸収力もアップします。せっかくのからだにいい成分ですので、それが吸収されないで、体外にでてしまうのはもったいない話ですよね。液体ですと吸収されやすく、飲むのにもやさしく飲むことができます。毎日飲むものですから、からだにやさしく、飲みやすいものがいいですよね。それならシーフコイダンがいちばんいいような気がします。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンと濃縮液体 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンと濃縮液体 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

良いフコイダンとオキナワモズク

良質なフコイダンには、さらに必要な条件があるそうです。それは原料のモズクに秘密があるそうです。モズクには、たくさんの種類があることはご存知だと思いますが、モズクは、日本国内では東北から沖縄までの日本海 …

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

シーフコイダンとモズクの種類

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …