がんの効果

フコイダンとガン

投稿日:

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。
フコイダはヌルヌル成分のなかに、乾燥重量の4%も含まれています。フコイダンは硫酸化多糖類です。特にモズクには、硫酸化フコースやフコースが多く含まれています。硫酸化フコースやフコースはガンに対して有効であることが明らかになってきました。
それはガンの抑制効果です。副作用のない抗ガン剤として期待されています。抗ガン剤はガン細胞にも有効ですが、正常細胞にもたくさんのダメージを与えますので、フコイダンは、抗ガン剤に比べて、フコイダンのガンの抑制効果には大きな期待がよせられています。
フコイダンは、正常細胞をより強くし、同時にガン細胞にアプローチします。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとガン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとガン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとガン治療

アポトーシスが関係している病気には、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患があります。エイズや神経変性疾患などはアポトーシスが増加することで起こります。 ガンやウイルス感染などはアポ …

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …