がんの効果

フコイダンとアポトーシス

投稿日:

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。つまり、一定期間を過ぎると、遺伝子の情報の中に正常細胞が自らが死んでいくような仕組みになっています。このように細胞が自ら死を選んでいくことがアポトーシスです。
たとえば、カエルになる過程のおたまじゃくしの尻尾がなくなったり、胎内のなかの胎児の手に水かきがあっても、生まれたときには、きちんとした5本の指になっている現象のことです。ところが、ガン細胞は、からだの死ななくなった細胞が増殖していきます。ガン細胞は死ぬことがなく増え続けていきます。
ガン細胞がアポトーシスが起こり、自ら死を選んでくれれば何も怖いことはありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンとアガリクス

アガリクスやメシマコブ、複数のきのこから抽出したAHCC、D-フラクションを使用した代替療法は、新聞や雑誌、書籍、マスコミなどから多く取り上げられています。多くの反響があり、それぞれの健康食品に多くの …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …