がんの効果

フコイダンと抗ガン剤

投稿日:

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低下です。免疫力の低い状態で抗がん剤や放射線治療、化学治療を行なうと、ますます免疫機能は低下していってしまいます。ガンをやっつける免疫力の主役であるリンパ球のなかのNK(ナチュラル・キラー)細胞は、からだのなかを巡回して、ガン細胞を見つけてはやっつけてくれるのですが、抗ガン剤は、このガン細胞と戦ってくれるリンパ球を一番最初にやっつけてしまいます。要するに抗ガン剤は、敵と味方の区別がつきません。そのため免疫力は低下してしまいます。抗ガン剤はガン細胞を縮小するように働きかけますが、逆にガン細胞が増殖しやすい状態を作っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと抗ガン剤 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと抗ガン剤 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

β-D-グルカンと免疫活性

薬用キノコ類の、β-D-グルカンは、からだの免疫力を高めることで、間接的にガン細胞を攻撃しますが、フコイダンは、β-D-グルカンの免疫活性にプラスして、ガン細胞に直接働きかけます。 いわば、ガン細胞を …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

アガリクスとβ-D-グルカン

アガリクスに含まれる「β-D-グルカン」には、免疫賦活作用という免疫のはたらきを強力に向上させる働きがあって、副作用が少なく、人間の自然治癒力や免疫力を活性化させることができます。 要するに「β-D- …

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …