シーフコイダン

固体状のフコイダンと純度

投稿日:

添加物を加えるほど、科学的な工程を加えるほど、フコイダンの純度は落ちます。新鮮さもなくなります。製品にフコイダン以外のものを加えた分だけ、フコイダンの純度は落ちてしまうのはあたりまえです。粗悪な製品の場合、製品の80%以上が、フコイダンとは関係のない添加物だったということもあるみたいです。このような添加物は好んで口に入れたいとは思いません。取らずに済むなら、取らないほうがいいと思います。できるだけ余計なものを加えず、天然の成分にいちばん近い状態が一番ベストだと思います。吸収というと、普通は小腸を想像してしまいますが、じつは口の中や、舌下の粘膜も吸収器官のひとつになっています。液体状フコイダンは、この部分での吸収が期待できます。そのことも液体成分ならではのメリットだと考えることができます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 固体状のフコイダンと純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 固体状のフコイダンと純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンとアミノ酸

シーフコイダンには、必須アミノ酸9種類を含む19種類のアミノ酸が含まれています。必須アミノ酸9種類は細胞形成に重要なアミノ酸です。たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されていますが、そのうちの9種類 …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …

no image

シーフコイダンと高分子フコイダン

フコイダンは低分子がいいのか高分子がいいのか、いろいろ言われていますが、それぞれに特徴があり、まだはっきりとしたことは分からないようですね。高分子がいいという理由として、フコイダンの自然な形は、フコー …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …