シーフコイダン

固体状のフコイダンと純度

投稿日:

添加物を加えるほど、科学的な工程を加えるほど、フコイダンの純度は落ちます。新鮮さもなくなります。製品にフコイダン以外のものを加えた分だけ、フコイダンの純度は落ちてしまうのはあたりまえです。粗悪な製品の場合、製品の80%以上が、フコイダンとは関係のない添加物だったということもあるみたいです。このような添加物は好んで口に入れたいとは思いません。取らずに済むなら、取らないほうがいいと思います。できるだけ余計なものを加えず、天然の成分にいちばん近い状態が一番ベストだと思います。吸収というと、普通は小腸を想像してしまいますが、じつは口の中や、舌下の粘膜も吸収器官のひとつになっています。液体状フコイダンは、この部分での吸収が期待できます。そのことも液体成分ならではのメリットだと考えることができます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 固体状のフコイダンと純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 固体状のフコイダンと純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンとアミノ酸

シーフコイダンの原料は、新鮮な天然モズクですが、天然モズクは、9種類の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸がたくさん含まれています。健康維持にたいへんいい食品です。 人間の体の中にタンパク質は、人間 …

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …

no image

フコイダンとモズクに必要な三大条件

研究者たちは、より良質のフコイダンを探すために海外に目を向けました。世界中を調査して、汚染の少ない地域や海水のもっとも汚れていない地域を探しただした結果、南太平洋が選ばれました。そして、南太平洋のなか …

no image

シーフコイダンと高分子フコイダン

フコイダンは低分子がいいのか高分子がいいのか、いろいろ言われていますが、それぞれに特徴があり、まだはっきりとしたことは分からないようですね。高分子がいいという理由として、フコイダンの自然な形は、フコー …