シーフコイダン

固体状のフコイダンと純度

投稿日:

添加物を加えるほど、科学的な工程を加えるほど、フコイダンの純度は落ちます。新鮮さもなくなります。製品にフコイダン以外のものを加えた分だけ、フコイダンの純度は落ちてしまうのはあたりまえです。粗悪な製品の場合、製品の80%以上が、フコイダンとは関係のない添加物だったということもあるみたいです。このような添加物は好んで口に入れたいとは思いません。取らずに済むなら、取らないほうがいいと思います。できるだけ余計なものを加えず、天然の成分にいちばん近い状態が一番ベストだと思います。吸収というと、普通は小腸を想像してしまいますが、じつは口の中や、舌下の粘膜も吸収器官のひとつになっています。液体状フコイダンは、この部分での吸収が期待できます。そのことも液体成分ならではのメリットだと考えることができます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 固体状のフコイダンと純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 固体状のフコイダンと純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンとフコキサンチン

フコキサンチンというのが、フコイダンとともに注目を集めています。フコキサンチンは、ひじきやワカメ、昆布というような褐藻類にだけ含まれている赤褐色のカロテノイドの一種です。カロテノイドは、ニンジンの黄色 …

no image

フコイダンとモズクに必要な三大条件

研究者たちは、より良質のフコイダンを探すために海外に目を向けました。世界中を調査して、汚染の少ない地域や海水のもっとも汚れていない地域を探しただした結果、南太平洋が選ばれました。そして、南太平洋のなか …

no image

液体状のフコイダンと固体状のフコイダン

フコイダン製品の形状は、液体だけでなく粉末のものやカプセルに入ったものや錠剤になったものなど、いろいろな種類があります。たとえば、錠剤など固体状のフコイダンは持ち運びに大変便利です。また、一度開封して …

no image

シーフコイダンとモズク

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいし …

no image

シーフコイダンとは

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。 フコイダン …