フコイダン

良いフコイダンの選び方

投稿日:2007年5月8日 更新日:

フコイダンの商品のどれも同じものではありません。商品名を見て、フコイダン、と書いているから安心とは限りません。良いフコイダンとは、どのようなフコイダンのことでしょうか。良いフコイダンとは、まず、良質のフコイダンを100%使用していること、何も混ぜていないこと、フコイダンがからだに吸収されやすいこと、有効なフコイダンの成分が活きていることが大切なポイントになります。フコイダンの原料となるモズク、昆布、ワカメ、メカブ、ヒジキなどの海藻類には、海水中の成分をからだの中に取りこんで、濃縮する性質があります。海水中のビタミンやミネラルなどの、天然栄養成分が豊富であればそれだけフコイダンに天然の豊富な栄養を取り込んでいることになりますが、汚染された海で育った海藻では、放射性物質や重金属類といった有害成分を取り込んで育っているということになります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良いフコイダンの選び方 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良いフコイダンの選び方 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの作用

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

フコイダンと腸の吸収

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダン …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …